光回線の勧誘はしつこい?

近頃、光回線業者が高齢の方が住むお宅を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に関したトラブルが増えています。
この事態を受けて、総務省は契約から八日以内であれば解約できる光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を明確にしました。
光回線ではセット割というものが設けられていることが多くあります。
そんなセット割というのは、携帯回線と光回線の二つを同じ時に契約するというもので割引を受けることができるといったサービスです。
この分野は、以後キャリア大手による競争の激化が見越されております。
知名度の高くないワイモバイルの場合、解約する時に発生する解約金を低料金にしたり、契約の期間を短くしたりしてお試しの期間を利用するようにすれば、契約の数が増えていくかと思います。
安い料金に魅力を感じても、1年以上の契約期間があっては、なかなか契約に踏み出せないものなのです。
wimaxの通信出来るサービスエリアですが、少し前と比較をしても凄くエリア拡大が進んでおり、主要都市での安定感のある使い方が出来る様になりました。
地方にお住いの場合、中心街から離れますとまだまだ通信できないところがありますが、行動範囲が決って都市中心なのであればご不便なくご利用できるかと存じます。