住宅ローンの段階金利って?

ローンを検討中の人は、段階金利という言葉を耳にした事があるかもしれません。
この段階金利とは何段階かに分けて金利が固定されている返済プランです。
主に2段階である事が多く、最初の段階の方が金利が低く設定されているケースが多くあります。
例えば住宅ローン返済の最初10年が低水準の固定金利で、11年目以降の返済が少し高めの固定金利となっている場合がよく見られます。
11年目以降の金利が割高だと損をしているように感じますが、実は返済額の多くを最初の10年間で返済するため、残り返済額にしか高金利が適応されないという事になり、結果として返済額の負担が大きくなるという事はないわけです。
そのため「最初の10年で頑張って返済しよう!」という人にこそ、段階金利は効果を発揮するという事になります。
段階金利のシミュレーションはネット上で簡単に行えるので、まずは大まかなシミュレーション結果を見て、返済プランを通常プランと見比べてみると良いでしょう。
段階金利は固定金利なので将来設計が立てやすくて便利です。
住宅ローンを金利一覧で比較すると?