借り換えにも便利なフラット35の金利差とは?

フラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して出来た住宅ローン商品です。
一般的な銀行住宅ローンと比べて、低い金利で35年間という長期間固定で組める事が人気の商品で、他行からの借り換えする方も多い様です。
今では、ほとんどの銀行にこのフラット35の商品があるので、各銀行によって金利差があるのではないかと思われる方もいらっしゃる様ですね。
ですが、たとえ金利差があったとしても、住宅金融支援機構のフラット35の年利の場合、5月時点で年1.
470%~2.
870%と低水準です。
だいたいの銀行で、フラット35と名が付く商品の場合は金利は低いものだと思っていても良いかと思います。
長くローンを組む上で、金利が低い事、さらにそれが長期固定であることは、その後の人生設計も明確に立てられる事に繋がります。
http://xn--35-9i4aua7d9fs40x1owg.skr.jp/